Posted by lizcarter12 at 2015-01-03

Category: カンボジア求人

カンボジアは内戦により、40歳から60歳という層が欠落している国とも言えます。若い人たちに勢いを感じたとしても、その勢いは、先輩の力によって引き継がれるものではありません。カンボジアが今後期待出来る国と言うことも出来ます。カンボジアは今後期待出来ない国とも言うことも出来ます。いずにしても、この途切れた若い人たちの手腕に、海外の人たちの手にカンボジアの未来は委ねられていると言うべきです。カンボジアとはそのような国です。
カンボジアで仕事をしてカンボジア国家に貢献することはやりがいに繋がることかもしれません。 カンボジアの就職は、友達の紹介などで行われるケースが多いようです。後は、カンボジアでもインターネットで求人を探すケースが増えています。
カンボジアで就職活動をするにあたり問われる問題はと言えば、専門的知識です。そして、語学能力も問われる問題です。カンボジアで就職をする為に、何をまずみなさんがしなければならないかと言えば、語学をしっかり習得することです。
語学の出来る人たちは、一ランク上であり、給料アップの道を見つける事が出来ます。 カンボジアの雇用に関しては、カンボジア憲法と、労働法によって定められています。カンボジアでの労働時間は、一日8時間です。残業は、一日二時間を超えることは出来ません。日本の仕事の形態と(例外を除き)似ているといえば似ていますよね。カンボジアでの休日ですが、最低賃金は月100ドル程度です。当然みなさんの持つスキルによって賃金は変動します。残業の場合は、 50%の超過手当がつきます。