Posted by lizcarter12 at 2015-04-23

Category: カンボジア求人

カンボジアでの就職状況がどうなっているのかここでお話しをしましょう。1990年代以降カンボジアはかなり生産性が向上して来たと言われます。貧困の低迷からも脱皮したという話しも。しかし、カンボジアで伸び悩んでいるものと言えば、農業、サービスなのです。まだまだ正直に言えばカンボジアは乗り切れていない国とも言えるのかもしれません。 カンボジアで実際に仕事をしている人たちは、所得の低迷に嘆いているのが現状なのです。
カンボジアで強い分野と言えば、観光であり、衣料なのです。狭い分野ですが、ここにカンボジアの勢いを感じることも出来ます。
カンボジアの人たちが実際に高卒以上の教育をまともに受けているのかと言えば、25歳以上で、高卒以上の教育を受けている率は、 なんと5%程度とも言われています。
何処かでカンボジアの成長にストップがかかってしまうのも理解出来る話しです。カンボジアでは、管理職、専門職、技術職と言うものに対して国内パワーが期待出来ず、外資企業に頼るスタイルが強まっています。ひょっとしたら日本人が転職する為のいい条件なのかもしれません。日本人は、カンボジアの人たちにかなり期待されているのかもしれません。
カンボジアという国は、専門を他国に依存し、カンボジアの学生たちが大学まで行きしっかり勉強したとしても、門戸が狭く就職率が20%止まりという現状なのです。
カンボジアで、人材教育を担う人たち、つまり公務員のレベルからして低いことが上げられます。これではカンボジア内部でいい人材など育つはずはありません。何処かの国では、公務員が保証された存在であり、公務員人気も高い訳ですが、カンボジアの場合は公務員は人気のない職業なのです。待遇が悪くてアルバイトを掛け持ちでしている人たちもいるくらいです。

Posted by lizcarter12 at 2015-03-15

Category: カンボジア生活

カンボジアで転職する際に大事なことは、その文化を知ることです。文化を知らずその国に旅行者であれば入って文化に気付かされることもあるかもしれませんが、転職する者の意識はそのような上辺であってはならないと言うことです。
カンボジアで仕事をするということは、カンボジアの人たちと接するこことであり、上手に人たちと接することとは、異国の場合、それぞれの文化を知ることです。文化を知れば、日本では出過ぎた行為でないものが出過ぎた行為と感じるかもしれません。ここがポイントであり、この差がビジネスシーンをうまく成立させます。
カンボジアの人たちは一体どのような性格をしているのかという問題ですが、一般的にはカンボジアの人たちの性格は大らかと言われています。タイやベトナムと比較しても多くの人たちがカンボジアの人たちの方が性格が大らかと評価します。日本からの旅行者に対してもカンボジアの人たちは優しく接してくれると言います。カンボジアに転職しようと頑張っている人たちもきっとカンボジアの人たちは優しく背中を押してくれることでしょう。
カンボジアの人たちは一体どのような食生活をしているのでしょうか。ここも、 転職を意識する人たちに大切なポイントです。いろいろな東南アジアと比較しても、カンボジアの場合、生産性農業があまり発達していないとも言われています。市場で売っている果物などに、かなり自然を感じる人たちも多くいることでしょう。
肉に関しては、牛、豚、鶏、アヒルと言った肉が食され、かなり硬い肉も中にはあるようですが、それも自然の魅力と捉えるべきでしょうか。カンボジアでも、 野菜を肉と一緒に食べる、香草などを入れたりする形式が一般的に見られます。食べ物と言えばどうしても両隣のタイや、ベトナムに意識が行ってしまうのかもしれませんが、カンボジアはカンボジアとして決して捨てたものではありません。
転職する人たちが飽きさせることはありません。

Posted by lizcarter12 at 2015-02-15

Category: カンボジア国土

カンボジアで転職したい人たちに対してカンボジア王国についての知識をもう少し蓄えていただきたいと思います。カンボジアの人種は クメール人が90%、残りはベトナム人が5%、華人が1%と言うことになります。カンボジアの人口は2013年度の統計によれば15,135,000人です。
そして、転職する人たちもカンボジアで決して忘れていけないことと言えば、内戦の歴史です。
カンボジアでは長く、20年に及ぶ間内戦が行われ続けたのです。未だその傷跡が消えた訳ではありません。1970年にロン・ノルがシハヌークが外遊中にクーデターを決行しました。
シハヌーク一派は一度追求された訳ですが、
1971年には、ポル・ポトはシハヌークを擁立し、ロン・ノル政権との間で内戦を開始しました。アメリカは、ロン・ノル政権の支援をしました。ベトナムに派遣していた軍の一部をカンボジアへ侵攻させたのです。一時ロン・ノル政権が軍事独裁体制を宣言して、新憲法も公布して、勢いづくものの、アメリカが1973年3月29日、ベトナムから完全撤退する同時に、 ロン・ノル政権の後ろ盾を失ってしまう結果となったのです。
1975年4月、 今度はクメール・ルージュが首都プノンペンを攻略しました。クメール・ルージュは極度な原始共産制社会への回帰を実行しようとしました。旧政権関係者や都市の富裕層、知識層そのような人たちの中にいる親ベトナム派などを次々と虐殺して行ったのです。ベトナムに対して絶対な敵対心を持つクメール・ルージュに対して1978年12月ベトナム人民軍は亡命した元クメール・ルージュ将校ヘン・サムリンをたて、 カンボジアに侵攻します。
目指すは妥当ポルポトです。1979年1月に親ベトナムのカンプチア人民共和国が誕生しました。ベトナムの軍がプノンペンを攻略に成功しました。
1991年10月23日にはカンボジア和平パリ協定が開催されます。国際連合カンボジア暫定統治機構の19ヶ国の調印、そして、カンボジアの内戦は終了しました。

Posted by lizcarter12 at 2015-02-01

Category: カンボジア求人

カンボジアで仕事をしたい。一体どのような方法で仕事を見つければいいのでしょうか。今、私達の世界は、インターネットの世界です。インターネットには様々な求人情報サイトがあります。やはり、一人で就職先を見つけるということよりも、求人情報サイトを利用することが正しい方法ではないかと思います。求人情報サイトは、あなたのカンボジアにチャレンジしたい意欲的精神を間違いなく実現させてくれる場所です。

求人情報サイトには、専任コンサルタントがいるから、あなたとあなたに一番相応しい企業とうまくマッチングすることに貢献してくれます。 求人情報サイトはハローワークのようなものと思っているかもしれないですよね。しかし、ハローワークと特化した求人情報サイトは全然違います。ハローワークで実際にカンボジアの求人を探すのは無理と言いたいですし、それは、カンボジアに特化している求人情報サイトだから可能と言うことになります。

○カンボジアに特化している求人情報サイトを2つ紹介します。
1.カンボジア求人採用情報、就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンク
2.ASEAN情報サイト ASEAN PORTAL

ハローワークは、別に応募する人たちと企業がマッチングしなくても、ハローワークで仕事をしている人たちは痛手は負うことはありません。しかし、求人情報サイトの場合、応募者が企業とマッチングしてはじめて収益を得るケースも多く、だから、専任コンサルタントは、あなたに親身になって一番適したカンボジアの企業を提供してくれます。

インターネットで簡単登録、費用などがここで一切かかる不安はありません。まず、カンボジアの求人情報サイトに登場しましょう。あなたの 今までの経験に基づいたカウンセリングを行います。あなたの希望もしっかり聞き、あなたに一番適している企業求人情報を提供します。
書類を企業に送付して、面接日時を決めるという形になります。カンボジアという国でも面接重視です。面接とは、顔と顔を見合わせて行う作業であり、一番人材を見抜くことが出来る方法です。それは、日本の企業体質と同じです。 一次面接、二次面接と続きます。面接が終了すれば、数日間で合否の通知が届きます。給料の問題、労働の条件など確認して、勤務開始日が決定します。

Posted by lizcarter12 at 2015-01-03

Category: カンボジア求人

カンボジアは内戦により、40歳から60歳という層が欠落している国とも言えます。若い人たちに勢いを感じたとしても、その勢いは、先輩の力によって引き継がれるものではありません。カンボジアが今後期待出来る国と言うことも出来ます。カンボジアは今後期待出来ない国とも言うことも出来ます。いずにしても、この途切れた若い人たちの手腕に、海外の人たちの手にカンボジアの未来は委ねられていると言うべきです。カンボジアとはそのような国です。
カンボジアで仕事をしてカンボジア国家に貢献することはやりがいに繋がることかもしれません。 カンボジアの就職は、友達の紹介などで行われるケースが多いようです。後は、カンボジアでもインターネットで求人を探すケースが増えています。
カンボジアで就職活動をするにあたり問われる問題はと言えば、専門的知識です。そして、語学能力も問われる問題です。カンボジアで就職をする為に、何をまずみなさんがしなければならないかと言えば、語学をしっかり習得することです。
語学の出来る人たちは、一ランク上であり、給料アップの道を見つける事が出来ます。 カンボジアの雇用に関しては、カンボジア憲法と、労働法によって定められています。カンボジアでの労働時間は、一日8時間です。残業は、一日二時間を超えることは出来ません。日本の仕事の形態と(例外を除き)似ているといえば似ていますよね。カンボジアでの休日ですが、最低賃金は月100ドル程度です。当然みなさんの持つスキルによって賃金は変動します。残業の場合は、 50%の超過手当がつきます。