Posted by lizcarter12 at 2015-03-15

Category: カンボジア生活

カンボジアで転職する際に大事なことは、その文化を知ることです。文化を知らずその国に旅行者であれば入って文化に気付かされることもあるかもしれませんが、転職する者の意識はそのような上辺であってはならないと言うことです。
カンボジアで仕事をするということは、カンボジアの人たちと接するこことであり、上手に人たちと接することとは、異国の場合、それぞれの文化を知ることです。文化を知れば、日本では出過ぎた行為でないものが出過ぎた行為と感じるかもしれません。ここがポイントであり、この差がビジネスシーンをうまく成立させます。
カンボジアの人たちは一体どのような性格をしているのかという問題ですが、一般的にはカンボジアの人たちの性格は大らかと言われています。タイやベトナムと比較しても多くの人たちがカンボジアの人たちの方が性格が大らかと評価します。日本からの旅行者に対してもカンボジアの人たちは優しく接してくれると言います。カンボジアに転職しようと頑張っている人たちもきっとカンボジアの人たちは優しく背中を押してくれることでしょう。
カンボジアの人たちは一体どのような食生活をしているのでしょうか。ここも、 転職を意識する人たちに大切なポイントです。いろいろな東南アジアと比較しても、カンボジアの場合、生産性農業があまり発達していないとも言われています。市場で売っている果物などに、かなり自然を感じる人たちも多くいることでしょう。
肉に関しては、牛、豚、鶏、アヒルと言った肉が食され、かなり硬い肉も中にはあるようですが、それも自然の魅力と捉えるべきでしょうか。カンボジアでも、 野菜を肉と一緒に食べる、香草などを入れたりする形式が一般的に見られます。食べ物と言えばどうしても両隣のタイや、ベトナムに意識が行ってしまうのかもしれませんが、カンボジアはカンボジアとして決して捨てたものではありません。
転職する人たちが飽きさせることはありません。