Posted by lizcarter12 at 2014-12-21

Category: カンボジア生活

カンボジアで就職、転職となれば、水の問題から配慮する意識が大事です。水のことに関して言えば、人間にとって一番大事なものが水であり、日本に住む人たちのようにたやすく水を飲むことが出来ないのも現状なのです。
安心していただきたいのは、カンボジアの人たちは、水道水を飲んだり料理に使ったりしています。ただし、異国の住む人たちは、慣れの問題があるので、最初のうちペットボトルの水を使用することをおすすめします。
5リットルの水がスーパーマーケットで販売されています。5$程度なので決して安いとは言えません。ただし、これはボトル料金が含まれていると言うことです。二回目購入する時は、ボトルを持ってスーパーマーケットに出向けば、1$程度です。給水器自体を購入して生活をする人たちも多くいます。水の配送車もカンボジアの街を行き来しています。カンボジアでは、普通に水道水を使用する、購入する2つの流れがあり、それも現在の日本とそれ程違いはないのではないでしょうか。言えることは水に不自由する国ではないと言うことです。
就職をする人たちにとってカンボジアに和食があるのかという問題も随分気になる問題ではないでしょうか。
あくるひ(Akuruhi)など和食を購入出来る店もカンボジアにはあります。ここで二、三紹介したいと思います。あくるひ(Akuruhi)は、毛沢東通り99C番地にあります。Tel: 023-215-946。ここが一番和の食材が揃っている場所です。

カンボジアカフェ
最近は、このようなコーヒーが飲めるカフェも増えてきました。現在プノンペン一番人気のカフェ、COSTA CAFE

バイヨン・スーパーマーケット(Bayon Supermarket)もあります。
ラッキー・スーパーマーケット(Lucky Supermarket)も利用出来ますが、前者よりはものの数は少な目です。和の食材と言うことで何を購入出来るのかという問題ですが、 ここで蕎麦、うどんという食材が手に入ります。つけもの、納豆と言うものもここで手に入ります。カンボジアという場所に就職活して、はじめて日本食のありがたさが身に染みるはずです。