カンボジアの気候は

Posted by lizcarter12 at 2014-11-30

Category: カンボジア国土

カンボジアで就職をしたい。しかし、カンボジアという国はどのような国なのでしょうか。少しでもここでアドバイスが出来ればと思います。まず就職の為にカンボジアの気候などから知りましょう。
カンボジアで意識しなければならないものは雨季と乾季と言うことになります。6月から10月あたり雨季が来て、そして、11月頃より5月あたりまで乾期となります。気温で言えば、3月から4月にかけて、熱い気温が続き、40℃程度の気温に悩まされる日々が続きます。
日本人にとって大敵はこの気温なのかもしれないですよね。しかし、どんどん気温が上昇している日本の夏とそれ程大差がないという人たちもいます。カンボジア対策、特に女性なら日焼け止めと言うことにもなりそうです。脱水症にならないように水分補給もとても大事なことになります。カンボジアは熱帯モンスーンです。シェムリアップ、プノンペンも、転職する地域によってそれ程違いがある訳ではありません。気温は、寒くても20℃を下回ることはなく、寒さ対策として、 長袖のシャツでも一枚準備しておけば大丈夫です。雨季の頃には、午後にざっとスコールが降り、とてつもない量の雨が降り、降ったと思えばすぐにやんでしまうのです。これって何かに似てないでしょうか。日本です。日本もどんどんカンボジア化しているとも言えるかもしれません。日本にいればそれ程カンボジアの雨季に頭を悩ます不安もありません。そして、カンボジアでは最近、かつての日本のどんよりとした梅雨のような現象が起こっているという話しです。
転職をして、カンボジアという国で生活をするにあたり、 車も必需品かもしれません。カンボジアでも年々車が増え続けています。日本のメーカーもカンボジアに積極的に次々と店をオープンさせている状況です。カンボジアだって、日本の新車を購入することが可能です。勢いある国々は、交通量もやはり激しいのです。