Archive for 11月, 2014

Posted by lizcarter12 at 2014-11-30

Category: カンボジア国土

カンボジアで就職をしたい。しかし、カンボジアという国はどのような国なのでしょうか。少しでもここでアドバイスが出来ればと思います。まず就職の為にカンボジアの気候などから知りましょう。
カンボジアで意識しなければならないものは雨季と乾季と言うことになります。6月から10月あたり雨季が来て、そして、11月頃より5月あたりまで乾期となります。気温で言えば、3月から4月にかけて、熱い気温が続き、40℃程度の気温に悩まされる日々が続きます。
日本人にとって大敵はこの気温なのかもしれないですよね。しかし、どんどん気温が上昇している日本の夏とそれ程大差がないという人たちもいます。カンボジア対策、特に女性なら日焼け止めと言うことにもなりそうです。脱水症にならないように水分補給もとても大事なことになります。カンボジアは熱帯モンスーンです。シェムリアップ、プノンペンも、転職する地域によってそれ程違いがある訳ではありません。気温は、寒くても20℃を下回ることはなく、寒さ対策として、 長袖のシャツでも一枚準備しておけば大丈夫です。雨季の頃には、午後にざっとスコールが降り、とてつもない量の雨が降り、降ったと思えばすぐにやんでしまうのです。これって何かに似てないでしょうか。日本です。日本もどんどんカンボジア化しているとも言えるかもしれません。日本にいればそれ程カンボジアの雨季に頭を悩ます不安もありません。そして、カンボジアでは最近、かつての日本のどんよりとした梅雨のような現象が起こっているという話しです。
転職をして、カンボジアという国で生活をするにあたり、 車も必需品かもしれません。カンボジアでも年々車が増え続けています。日本のメーカーもカンボジアに積極的に次々と店をオープンさせている状況です。カンボジアだって、日本の新車を購入することが可能です。勢いある国々は、交通量もやはり激しいのです。

Posted by lizcarter12 at 2014-11-25

Category: カンボジア就職

カンボジアでも最近、日系企業の就職説明会というものが積極的に行われています。
カンボジアと言えばベトナムと、タイに挟まれた小さな国なのです。カンボジアをしっかり意識していなければ、ベトナム、タイに目移りしてしまうかもしれないですよね。 しかし、このような狭い場所に隣接する国と言うものは、タイや、ベトナムからかなり刺激を受けるものなのです。ベトナムや、タイが勢いある国なら、刺激を受けて、元気のない国に収まることができません。多くの人たちが、ベトナム、タイに意識を持つのなら、ここは、しっかりカンボジアに転職というのも方法なのです。
カンボジアは、日系の人たちを意識して、積極的に雇用を推進しています。日本程の大規模な就職活動が行われている様子はありませんが、それでも、5月7月あたりにはかなり盛り上がる気配があるとも言われています。
最初、就職説明会が行われたのは、日本語学科の卒業生の生徒を対象にしたものでしたが、段々と規模は広がりを見せるようになりました。それは、カンボジアの企業が日本に期待している証拠の一つです。製造業16社、サービス業18社。
カンボジアが異国に求めているものは、 製造であり、サービスです。プノンペンにショッピングモールが誕生します。それもイオングループによる力です。そして、カンボジアはところ狭く、ベトナム、タイ国境近くの場所まで開発開業されようとする勢いがあります。
カンボジアは果たして勢いのある国なのでしょうか。カンボジアという国は他国との相互関係によって成長して行く国かもしれません。それは、日本との相互関係です。そして、今後のカンボジアは、カンボジアで仕事をする日本人が育てて行くと言っても決して言い過ぎではありません。今後、カンボジアと日本が上手につきあって行くことが期待されます。

Posted by lizcarter12 at 2014-11-22

Category: カンボジア就職

カンボジアで仕事をしたい理由はなんなのでしょうか。カンボジアという国は、やはり魅力は東京と比較してかなり物価が安いことにあります。15分の1以下というから驚きの数字です。この物価の安さは旅行した人たちも知っていることですが、便利、都合がいい、ありがたい、役立つというだけでなく、東京ディズニーランドのようなテーマパークで遊んでいるようなミラクルな魅力が備わっています。カンボジアで快適な生活を送る為に十万円でもあればもう充分なのです。
日本企業が多く進出している為、異国で孤独の境地に襲われることもありません。日本の延長線で仕事をしているつもりで頑張ることも出来ます。
カンボジアで日本人に何を求めているかと言えば、製造業を中心とした、マネージャー業の需要です。経験を要する分野なので、ちょっと敷居が高いかもしれません。他に日本が進出している国はあります。バンコク、香港と言った国と比較すれば、日本人に特化した市場はないのがカンボジアでもあります。 したがってカンボジアでは日本人にもかなり多くの割合で英語が求められるということです。
就職活動の面接では、英語が出来る程有利に通過することでしょう。カンボジアで就職をする為に更に必要なことと言えば、作戦力です。やはり、能力がカンボジア企業に求められています。更に言えば、どんな状況にも対応出来るコミュニケーション能力であり、積極的モチベーションです。 難しい局面もあるかもしれません。しかし、スタートする気力が大事です。何事もチャレンジ精神で頑張って行きましょう。